新しく事業を始める、事務所や営業拠点を構えるなどに際し、必要不可欠な事務機器の筆頭に挙げられるのがコピー機です。業務形態や内容次第で、求められる機能や本体の規格などが異なって来ますが、どれだけパソコン通信網が発達しようとも、プリントアウトや複写作業のスルーは叶いません。これが無ければ事業体として正常な稼働は叶わぬ程、断じて見過ごせぬ存在、それがコピー機なのです。

コピー機当然コピー機の確保に動く事となりますが、購入するのかリースサービスを利用するのか、この時点での二択作業が求められます。一定規模以上の企業の場合、その判断は上層部に委ねる事となりますが、ご自身での判断が必要な場合には、中長期的な事業計画に沿った冷静な判断が欠かせません。次にどこで購入するのか、どの機種を調達するのか、あるいは中古品という選択肢をどうするのかなど、多角的な視点からの絞り込み作業へと進んで行きます。コピー機1台の確保にも、こうした幾つもの要チェックポイントが見過ごせません。

万一ミスマッチな方法や機種を選択してしまった場合、後々の日々の業務の中、僅かずつながらデメリットが蓄積し続けるのも、日々酷使するコピー機が有するリスクです。ここでは敢えてコピー機を新たに購入される方々に視線を合わせ、購入先選択時のポイントや、実際に候補となる機種を絞り込む際の注意点、更には中古品のメリットとリスクなど、早い段階で踏まえておいていただきたい予備知識をお伝えしてまいります。

〔参考HP〕OAランド-コピー機リース

Pocket