商品を絞り込む作業の中、メーカーが決定し、次に購入先が決まる流れに対し、最初から購入したい機種が決まっていて、購入価格が結果的に購入先を決定する流れを選択される方々も少なくありません。経費節減は事業運営上の必須課題であり、この価値観と姿勢自体は間違いではありませんが、購入価格の損得だけに意識が集中してしまった場合、後々の無用なリスクやトラブルを手招きし兼ねず、全体のバランスが大切です。

トナーたとえば現行商品の訳有り品すなわちチョイキズ品、あるいは生産販売終了モデルが内々に格安処分価格で販売されるなどは、あらゆるジャンルで不通に見られますが、コピー機の場合には特に注意が必要です。例えばトナーなどの消耗品の調達との兼ね合いや、何より業務上日々酷使が確定している場合、耐久性や安定性面を冷静に見極めての判断が、最終的に購入後のメンテナンスや維持に要する費用軽減に繋がります。更に細かい点を挙げれば、消費電力面などもトータルした経費面に関連します。

コピー機は入手後中長期的に多用する事務機器であり、購入時点で要する負担額、すなわち販売価格や値引率だけでチョイスする姿勢は、必ずしもベストとは言えません。年単位での使用頻度の予測から、必要となる消耗品や先述の消費電力面など、総合的なシミュレーションを経ての機種決定が確実です